多くの産業で必要不可欠となった離型剤の特徴について

SITEMAP
薬瓶とハケ

現場で手軽に使用できるフッ素コート剤が主成分の離型剤

積まれた缶

プラスチック製品やシリコン製品の成形作業を行う際、一度に多くの製品を同時に扱う場合が多いです。そのため、金型に塗布する離型剤も、作業中に再塗布する必要に迫られる場合が多々あります。
そんな場合におすすめなのが、フッ素系の離型剤です。フッ素コート剤を主成分として使っている離型剤は、そもそも、その優れた非粘着性のお陰で、成形物や金型への離型剤の付着が少ないというメリットがあります。そのため、他のタイプの離型剤を使用した場合に比べると、一度の塗布で多くの製品を作ることができ、効率がいいです。それでも、大量の製品の成形を繰り返していれば、離型性能が劣化してくることは避けられません。
そんな時、なるべく成形作業を途中でストップすることなしに、金型を継続使用するためには、手軽に再塗布でき、かつ容易に乾燥する離型剤が望ましいということになります。フッ素コート剤を使った離型剤の中には、この要請に応えることが出来る製品があります。そうした製品は、スプレータイプで噴射して塗布するか、刷毛などを使用して塗るものが多いです。一度に成形する製品数が多い、更に、金型を使った成形作業を行う頻度が高い製造現場であれば、こういったタイプのフッ素系離型剤を選択するといいでしょう。

フッ素コート剤使用の離型剤を使えば製品を綺麗に成形できる

物の形を整える方法にはいろいろありますが、ゴムやプラチックといった素材を成形する場合は、金型という型に流し込んで、素材を製品の形にして固めるというやり方をします。この手法で製品を形造る際、綺麗に仕上がるかどうかは、金型が上手くできているかどうか、流し込む素材の状態など多くの要因が関係してきます。そうした要因の一つに、離型剤の選択があります。
型に流し込んだプラスチックやゴムは、そのままで製品として使えるわけではありません。型から取り外して、更に、実用に供するにふさわしい状態に仕上げる作業が必要です。離型剤は、型から取り外すという工程で使用されるものですが、この離型剤が上手く働かないと、型に素材が粘着してしまい、無理矢理外そうとすると、製品の形が台無しになります。こうしたリスクが最も少ない離型剤として、フッ素コート剤を使用したものを選ぶことをおすすめします。フッ素コート剤が主成分として使用されている離型剤なら、すべり性や非粘着性というフッ素樹脂塗膜に特有の効果により、成形物は型から綺麗に剥がれます。この効果は、特に、入り組んだ構造の製品や、壊れやすい形、小さいものや薄手の製品を作る場合に、非常に役に立ちます。

フッ素コート剤が主成分の離型剤は成形困難な製品作りに最適

ゴムやシリコンを材料とする製品の中には、非常に精密なデザインのものが数多くあります。こうした製品は、成形作業の時によほど離型性能の高い離型剤を使用しないと、金型から成形物を外す際に製品の形が崩れてしまうリスクが高いです。
難しい成形作業を行う場合に特におすすめしたい離型剤が、フッ素系離型剤です。フッ素系離型剤とは、その名の通り、フッ素コート剤が主成分の離型剤で、ワックス系など他の成分の離型剤と比較して、抜群の離型性能の高さを誇ります。フッ素コート剤を使用した離型性能の高さは、フッ素樹脂塗膜の三つの特長に由来します。一つには、非粘着性やすべり性というフッ素樹脂で出来た膜特有の性質です。二つ目は塗膜の薄さ、そして三つ目は、フッ素塗膜が乾性であるということです。薄くて乾性の塗膜、かつ成形物にくっつかない性質を備えているため、成形物に離型剤が転移せず、金型から非常にスムーズに成形物を取り出すことが出来ます。
この三つの特長は、同時に、金型の手入れの容易さにもつながります。離型剤で金型があまり汚れないため、洗浄処置にかかる手間が少なくて済みます。フッ素コート剤を用いた離型剤を選べば、困難な成形作業がスムーズに進むだけではなく、工程全体の作業効率を上げることが可能です。


フロロサーフを塗布した表面は成形樹脂・ゴムの付着力が低減され、通常の離型剤で抜けない複雑・精密な形状の成形や薄物の成形においても抜群の離型剤が発揮されます。

記事一覧

フッ素コート剤が主成分の離型剤の特徴と効果

シリコン製のキッチンアイテム、ゴム製の部品やプラスチック製の玩具などは、生活を営む上でなくてはならないものばかりです。しかし、こうした製品が役に立つのは、もともとは形を持たない素材を金型を使って成形し、製品として必要な形状を整えることが出来るようになったからです。そして、この成形というプロセス…

MORE

ワックス系よりフッ素コート剤が主成分の離型剤がおすすめ

シリコン製品やゴム製品を成形する際、製品が綺麗に出来上がるかどうか、また、成形作業を効率よく進められるかどうかは非常に重要な問題です。この点、金型の離型性を良くするために塗布する離型剤の選択次第で、大きく結果が変わってきます。離型剤は、フッ素系、ワックス系など、使用している主成分によっ…

MORE

製造現場で簡単に塗布できるフッ素コート剤使用の離型剤がおすすめ

キッチンウェアやカー用品、子ども用のおもちゃ、身だしなみグッズなど、身近なところにゴム製品やプラスチック製品はあふれかえっています。そしてそうした製品は全て、使用目的に相応しい形を持っています。ゴムもプラスチックも、もともとは無定形の素材に過ぎません。製品の目的を果たすのに相応しい形になってい…

MORE

フッ素系離型剤の購入はフッ素コート剤専門メーカーに相談しよう

プラスチックやゴム、シリコンなどの素材で日用品を製造している企業は、成形の際に金型に塗布する離型剤を購入する必要があります。市販されている離型剤にはいくつか異なった種類のものがあり、成形対象となる素材等の違いに応じて、最適なものを選ぶ必要があります。金型から成形物を簡単かつ綺麗に取り外…

MORE